TEL:0120-499-106

年中無休教習時間 9:00am~18:00pm

設立者の思い

弊社をご利用頂いている皆様へのメッセージ

代表取締役 上野慶太

弊社設立のきっかけ

私自信が試験場で運転試験を受けた体験からでした。
私は日本で生まれ、日本で育ちましたが、16歳からおおよそ3年間、海外で生活をしておりました。
帰国後、日本の免許を取得したく鮫洲試験場で免許取得の為の準備を開始しました。

実際に技能試験を受験するまでは、自分の運転は出来ていると判断していました。
海外でも事故1つなく、日本の教育とは違うものの安全運転には自信もありました。

ただし、漠然と「難しい試験という噂を耳にし、1回目の試験では合格しないのだろうな…」と覚悟はしていました。
それでも、日本で教習所に通わず免許を取得したのは、30万円近くの教習費用をかけることは経済的にできなかったからでした。
ここから試験場に通う日々がスタートします。
技能試験1回目不合格
技能試験2回目不合格
技能試験3回目不合格。。。

やはり簡単には合格できません。
日本では、運転はしておりませんでしたので、過去の海外で運転の思い出しながら、安全確認など、自分なりにイメージトレーニングをし、何度かトライをしたのですが全く合格する気配がありませんでした。

毎回試験が終了後、不合格の理由の中の1つか、2つをアドバイスしてくれます。
不合格になる度に次回の試験では、前回の注意点に気を付け受験するのですが、毎回違った内容で不合格になるのでした。

5回目の不合格になった所で、このまま試験を受け続けていても意味がない事を感じました。

そして、試験場のコースで教習を指導している個人インストラクターの方を探しました。

1時間その方に教習をお願いし再度受験。
8回目の試験でやっと合格できました。

何事もそうなのかもしれませんが、全体像が見えたうえで挑むのと、何も分らずとりあえず挑むのとでは結果へ到達するまでのスピードが違います。
私は、ここで得た知識や経験をこれから同じ環境で試験を受けていかれる別の方にも伝えたくこの会社を設立することにしました。
私と同じ様に試験場で試験を受け、同じ様に苦労されている方が前進して頂く力になれる。
そして何よりも同じ様な挫折感を何回も味わって頂きたくなかったという思いでした。
仕事や流れる日々の生活の中で、何とか周りにお願いをして確保した平日の1日を「試験場に行き、試験に落ちてまた帰ってくる」という循環で過ごすのは非常に辛いことです。
おかげ様で、これまで9年間、日本で外国免許切替をされるお客様を1000名以上実際の試験場のコースでマンツーマン教習をさせて頂きました。
ここまでサポート下さったお客様、関係者の皆様に心から感謝をしております。

English

We can speak English.
If you want to show this site in English, please click below "Go to English Page" Button !

English driving school in Tokyo