早朝教習

TEL:0120-499-106

年中無休教習時間 6:00am~22:00pm
電話受付9:00am~18:00pm

設立者の思い

弊社をご利用頂いている皆様へのメッセージ

代表取締役 上野慶太

弊社設立のきっかけ

これは、私自身が試験場で運転試験を受けた体験からでした。
私は、運転免許証を教習所に通わず、一発免許で取得しました。

高校の時期を海外で過ごしており、そこで運転免許証を取得致しました。
ただし、取得した免許証は現地の仮免許証でした。

海外の仮免許では、日本で運転できません。
また、日本の運転免許証に切替えることも、海外の仮免許では出来ません。

当時、教習所へ通う事も考えましたが、通うための時間を考えるとあまり賢明な選択肢とは思わず。
一発免許での取得を決意しました。

実際に技能試験を受験をするまでは、自分は運転は出来ていると判断していました。

そして、「1回目の試験では合格は出来なくとも、何回か受験をすればそのうち合格する。」
と思っていました。

運転免許試験場に通う日々がスタートします。
仮免許取得のための技能試験

1回目不合格
2回目不合格
3回目不合格

簡単には合格できません。
私が受験した鮫洲試験場では試験官の方が10名程いて、毎回試験を受験するたびに違う方が担当されました。

試験が終了後、不合格の場合、そのの理由の1、2箇所を教えて頂けます。
後から知るのですが、試験の合格基準は120項目以上あります。

そのまま試験を受け続けていても合格は難しいものです。
ここまでの方法は決して効率の良い方法ではありません。

合格までの道

① 試験官に指摘された不合格理由を全てまとめました。

② 1時限単位の教習を受講出来る教習所に行き、情報収集をしました。

そして、①と②を繰り返し、改善を続けました。
(学科試験は一回目の試験で合格、技能試験は仮免、本免をトータルで10回以上受験し合格でした。)

この方法を繰り返えしていくと試験官が求めている検定基準の本質を理解し始めました。

一発免許の試験の本質とは、
* 決して運転技術が上手か下手かだけを見ている訳ではない。
* 検定の内容に沿って、その運転を評価している。

ただし、その検定の内容というのは、日頃の一般に道路を運転している方が心がけている安全運転や、
交通違反の取り締まりを受けない運転だけではなく、交通法規の隅々まで理解した安全確認の手順や操作のことです。

当然のことながら、一発免許の試験は、必ず受験者を合格させないように検定を行っている訳ではありません。
しっかりとトレーニングを行えば必ず合格できます。

起業から現在まで

私自身が運転免許試験場で免許を取得した経験から、試験場専門の教習所が必要と感じ企業しました。
おかげさまで年間1000回以上の技能試験受験者専門の教習をさせて頂いております。

一般の公認教習所でも、学校によっては一発免許受験の為に、1時限から教習を受けることが出来ます。

ただし、公認教習所のサービスとしてメインとなるのは自社の生徒の教習が中心となってしまいます。
必ずしも、試験場の検定コースの分析や受験者の試験結果を分析している訳ではありません。

また、指導員の方の中には「一発免許は合格できないもの」、「落とすための試験」などというモチベーションのもと指導をされている場合もあります。

弊社では、指導員自身も試験場での技能試験を必ず経験しております。
したがって、試験官が採点するポイント、受験者へ対する心理、実際のコースの特徴を熟知しています。

自身をもって、必ず一発試験に合格して頂くためのテクニックをお伝えできます。

お客様の目線で一般の教習所ではカバーできない細やかなサービスを追及致しました。
弊社のサービスの為サポート下さったお客様、関係者の皆様に心から感謝をしております。

社印