早朝教習

TEL:0120-499-106

年中無休教習時間 6:00am~22:00pm
電話受付9:00am~18:00pm

一発免許とは、どのような意味なのか ?

運転免許試験場で試験を受け免許取得すること。
公認教習所に通って免許を取得する方法の反対の呼び方として「一発免許」と言います。

ほかにも、「一発試験」や「飛び込み試験」と言うこともあります。
一発免許の受験理由は、その全体の80%以上が免許失効、うっかり更新忘れ、取消処分による免許の再取得の為という特徴があります。

日本の免許制度では、免許の有効期限後、一定期間が過ぎてしまうと学科や実技の試験を再受験しなければなならなくなります。
そのような場合、免許再取得までの時間や交通のアクセスなど考え「一発免許」という選択肢があります。

一発免許のメリットとデメリット

一発免許にはメリットとデメリットがあります。例えば、メリットは「学科は独学で勉強できる点。」
デメリットは、「実技試験は独学では合格がかなり難しい。」など、受験者の気になる一発免許のメリットとデメリットのランキングは以下の通りです。

時間と費用について

メリット:
教習再取得に掛かる費用や時間を方法次第で短縮することができます。
初めから免許を取得の場合、公認教習所は最低でも実技教習 31時間以上。
学科教習 26時間以上を履行しなければなりません。

デメリット:
自分1人の努力で取得する場合、練習時間や勉強時間を自己管理する必要がある。
スケジュールの管理をするのが苦手な場合は不利。
試験内容や実際に走る試験の道路などのリサーチが必要。
ただし、自分1人でその準備をする必要はありません。

スケジュール管理について

メリット:
免許取得までの時間が圧倒的に早い。試験は平日毎日行われております(東京では実技のみ予約制となります)。
特に学科は今からでも勉強開始できます。
公認教習所は教習がすぐに開始できない場合がございます。繁忙期などは、数ヶ月教習が受けられない場合もあります。

デメリット:
運転免許試験場では、原則として土曜・日曜、祭日は試験が行われていません。
仕事や学校の都合で平日の時間を作ることが、困難な方にでも最低3~4日必要ですので、十分ご注意下さい。

アクセスについて

メリット:
東京の場合、鮫洲試験場は品川区となり都心からかなりアクセスが良い場所にあります。
近隣の大田区、港区、目黒区の受験者が多いです。

デメリット:
東京の場合、一発免許の受験ができる場所は鮫洲試験場、府中試験場の2カ所。
公認教習所のようにあちらこちらにありません。
府中試験場はアクセスが悪い。JR武蔵野線や京王線の最寄りの駅からバスなどを利用する必要があります。

一発免許は試験が厳しいのでは ?

一発免許は試験が厳しいと言われ、実際の合格率が低いことも事実です。
一発免許に挑む人の全体の合格率は、警視庁の統計データによると 10%未満だと 推測されます。
その最大の理由は 、試験場では学科と実技試験の不合格理由を細かく教える場所ではない事にあります。
事実、試験場とは受験者に対して「試験」を行う「場」であり、正しい運転方法などを教える「教習所」ではありません。
初めて免許を取る方の多くが、一発免許を利用しない理由の1つは、試験場に「教える」仕組みが無い事です。
決して試験場は、受験者に「免許を取得させない場所」では無いことを理解されて下さい。