早朝教習

TEL:0120-499-106

年中無休教習時間 6:00am~22:00pm
電話受付9:00am~18:00pm

試験や教習の流れについて

弊社のお客様より頂きました御質問です。
是非、一日でも早く免許を手にして頂きたいと思います。

Q: 一発免許で免許を再取得する事にしました。何から始めれば良いでしょうか?

A : 一発免許の試験の受験の順序は、学科試験が初めです。学科試験の対策を始めましょう。

学科試験は、車の操作は行いません。学科試験を先に終わらせてしまう事も出来ます。
万が一、運転の練習が不十分と感じた場合は、一度予約した技能試験の日程も変更可能です。

Q: 一発免の許試験は全て平日でしょうか?

A : はい、平日のみとなります。土日や祝日は受験できません。

Q: 一発免許で運転免許を再取得する場合、何回仕事を休まなければなりませんか?

A : 仮免許証をお持ちでない方とそうでない方で再取得迄の期間は異なります。

仮免許証をお持ちでない方: 最短4日~
仮免学科試験、仮免技能試験、本免学科試験、本免技能試験の合計4日間です。

仮免許証をお持ちの方: 最短3日~
仮免免許証取得、本免学科試験、本免技能試験の合計3日間です。

ただし、試験に不合格の場合は追加で新たな日程が必要となる場合が御座います。
また、取得時講習や特定教習は土日も行われている場所が御座います。

Q: 一発免許で免許再取得の場合、準備期間や予約日迄、どの程度期間が必要ですか?

A : 下記の弊社の過去の最短記録を参考にしてください。

仮免許証をお持ちでない方: 最短20日
この日数は、4回の試験日と、その間の待機日数の合計となります。

仮免許証をお持ちの方: 最短8日
この日数は、2回の試験日と、その間の待機日数の合計となります。

Q: 一発免許の試験は曜日がきまっていますか?

A : いいえ、東京都の運転免許試験場では、毎日実施されています。

また、学科試験の予約は7必要ありません。
ただし、実技試験に関しては検定車と試験官の数に限りがあり予約制となっています。

Q: 一発免許の受験の流れは、初めて教習所で免許を取得する流れと同じでしょうか?

A : いいえ、最後の試験の順所が変わります。
公認教習所の場合、本免の学科試験を運転免許試験場にて受験します。下記を参考にされてください。

一発免許は、「仮免 学科試験」 → 「仮免 技能試験」 → 「本免 学科試験」 → 「本免 技能試験」

教習所では、「仮免 学科試験」 → 「仮免 技能試験」 → 「本免 技能試験」 → 「本免 学科試験」

Q: 一発免許で免許再取得します。時間を無駄にせず再取得する為のアドバイスはありますか?

A : やはり、スケジュールを決めて計画的に試験を受けて行く事です。

例えば、

「この日に有給を取って学科試験を受けられるので、それ迄の期間に勉強をする」と最初の流れを決めます。
次は「ここは日曜日だから、運転の練習が受けられる」という様にその後の流れも決まります。

私共の経験上、計画を決めて行動されたお客様の方が圧倒的に早く再取得できています。

Q: 失効してしまい、一発免許で再取得したいと思います。1日で免許再取得は可能でしょうか?

A : いいえ、申し訳ございません。

一発免許でも、教習所に通っても全ての流れを1日で完了させ、免許を再取得する事は不可能です。

Q: 御社の教習を受けてた日に運転免許試験場で一発免許の実技試験を受験出来ますか?

A : はい、鮫洲試験場の路上コースを教習させて頂く場合は可能です。

教習の終了場所を鮫洲試験場前にさせて頂きます。
希望される場合は御予約時に、その旨お申し出ください。
技能試験の予約された時間を伺った上で、受付時刻に間に合う教習開始時間を提案させて頂きます。
また、教習中に解散場所の変更を希望されても、対応させて頂く事が出来ない場合がございます。

また、鮫洲試験場のコース内での教習の場合、平日の教習はおこなえません。
コース解放日が土曜、祭日に限定されている為、残念ながら試験日である平日に教習を致しておりません。

Q: 失効する前の免許証はマニュアル車でしたが、オートマ車で再取得は可能でしょうか?

A : はい、可能です。

弊社では、マニュアル(MT車)のニーズの減少により、昨今はオートマ(AT車)での受験がかなり増えています。
男性の方でも8割以上がオートマ車で受験され、一発免許で免許再取得をされています。

Q: 一発免許は江東試験場で受験できますか?

A : いいえ、江東試験場は公認教習所を卒業された方の対応のみ行っています。

東京都にお住まいの場合は、鮫洲試験場が一発免許の受験可能な運転免許試験場となります。