早朝教習

TEL:0120-499-106

年中無休教習時間 6:00am~22:00pm
電話受付9:00am~18:00pm

学科試験の成功する勉強方法

学科試験の勉強方法は3つあります。

1、運転免許試験場(運転免許センター)監修の学科試験問題集
2、学科試験専門のスクールで直接講師から教わる
3、書店、アマゾンなどで購入できる教材や問題集を勉強する

1、運転免許試験場(運転免許センター)監修の学科試験問題集は過去問の宝庫!

運転免許試験場の売店で販売されています。

2種類の(赤い色の封筒と青い色の封筒の)学科問題集ございます。
どちらもおすすめです。

その試験場の監修ですから、出題される問題の傾向が本当の学科試験問題と良く似ています。
引っかけ問題のパターンや過去問から試験で出る問題を把握できます。

2、学科試験専門のスクールで直前講習を受ける

通称「裏校」と呼ばれ、運転免許試験場(運転免許センター)付近にあります。
学科試験の受験前に講習を受ける事が出来ます。

これらのスクールは、実際にその地域の試験場の学科試験問題を調査しその内容に合わせて講習をします。

鮫洲試験場、府中試験場で学科試験を受験するなら下記のスクールがお勧めです。
学科専門講習スクールのサクセスさんのホームページはこちら

鮫洲試験場の場合、試験場の向かい側にあり、非常に分り易い場所にあります。
こちらのスクールさんのホームページから割引券をダウンロードできます。

3、書店、アマゾンなどで購入できる教材や問題集を勉強する

書店には、運転免許のコーナーがあり、どんな本屋さんでも最低10冊程度はあります。
また、インターネットでも 「運転免許 問題集」 などと検索してオンライン通販サイトなどから購入ができます。

しっかり勉強すればこれだけでも合格できます。

これらの教材を勉強する場合、繰り返し勉強することも重要ですが、問題数を多く勉強することも重要です。
出版社が異なる教材を2冊購入し勉強したり、1冊で1000問以上の問題が勉強できる教材もあります。

同じ様な内容の問題でも、それぞれの解説を比べると、理解度が増します。
実際の試験では、教材で見た問題の文章の語順が入れ替わることにより、解答が異なる事が良くあります。
問題の意図が把握出来るようになる為に、繰り返し勉強しましょう。

また、道路交通法は、ほぼ毎年新しい法律ができます。
最新の教材を購入しましょう。古い教材では意味がありません。

仮免学科試験と本免学科試験の試験範囲は違います。

しかし、試験範囲は気にする必要ありません。
本免の試験範囲には、仮免の内容も含まれます。
つまり、仮免で勉強する内容も本免の際に再度勉強する事になります。

仮免と本免の、試験範囲の違いの具体例

仮免学科試験は標識の意味、交差点の優先順位など交通ルールの中でも基本的な内容です。

本免学科試験では、仮免学科試験の試験範囲に加え、応用的な問題が追加されます。
例えば、積載量、車輌点検方法、駐車措置などより深い知識が必要になります。

書店の教材や問題集は、本免を受験する方を対象としています。
仮免と本免の試験範囲の境界線を教材の中で設けておりらず、それぞれの見分けがつきません。
その場合は、仮免学科試験の受験対策の際でも教材のすべてを勉強しましょう。

弊社では学科試験の為の講習はおこなっておりません

弊社は実技専門の教習所ですので、学科試験の講習は行っておりません。、
ただし、教材選びのサポートやご相談を随時受け付けております。
また、弊社の教習を受講の際に直接インストラクターにお尋ね頂いても責任を持って対応させて頂きます。
ご安心してお尋ね頂ければとも思います。