早朝教習

TEL:0120-499-106

年中無休教習時間 6:00am~22:00pm
電話受付9:00am~18:00pm

制限速度と加速

速度標識について

コースは一般道路とみなされますので、最高速度が60km/hの設定です。

他府県の試験場では、コース内でも部分的に速度標識が設置されて試験場もあるのですが、鮫洲試験場の場内コースは、速度標識はありませんので、一律60km/h制限です。

また、鮫洲試験場はコースが狭いため最高速度が60km/hまで加速をすることは不可能です。
そのため、最高速度は考えず、試験中のは他の合格ポイントに意識を集中しましょう。

コースは一般道路とみなされますので、最高速度が60km/hの設定です。

他府県の試験場では、コース内でも部分的に速度標識が設置されて試験場もあるのですが、鮫洲試験場の場内コースは、速度標識はありませんので、一律60km/h制限です。

また、鮫洲試験場はコースが狭いため最高速度が60km/hまで加速をすることは不可能です。そのため、最高速度は考えず、試験中のは他の合格ポイントに意識を集中しましょう。

1度だけ40km/hまで加速をする箇所がある

40km/hキロまで速度が到達しなければなりません。

39km/h以下は、減点です。また、少し速度をオーバーしても減点にはなりません。5km/h以上オーバーが減点となります。

前方に、他の試験車両がいて、加速が十分にできない場合は、同じ場所まで戻って試験を始めます。

その場合は採点に含まれませんので、安心をしてください。

直線道路は、しっかりメリハリのある加速

一発免許の合格ポイントは、交差点で右左折は徐行、カーブは減速です、
ただし、直線道路で徐行や減速をした場合、後続車の妨害になります。

一発試験でも、道路が渋滞する運転は求めません。
直線道路ではしっかり加速をして、後ろの車の邪魔にならない、スムーズな運転を求めます。

一発試験の試験中の試験官の心理として、受験者はこの仮免技能試験に合格すると、仮免許証が発行され、一般道路で運転練習や試験をします。

一般道路で練習をする際に直線道路をしっかりと周囲の車の流れ合わせた加速が駅なければ、後続車の妨害ると考えています。

また、道路が渋滞する原因ともなりますので、事故にはならないものの理想的な運転ではありません。