早朝教習

TEL:0120-499-106

年中無休教習時間 6:00am~22:00pm
電話受付9:00am~18:00pm

鮫洲試験場のコース開放を走る

実際のコースで練習ができる

鮫洲試験場では、土曜日と祝日に、運転の練習のため、試験場内のコースを一般開放しています。
利用条件は、東京都にお住いで、18歳以上、普通車を持ち込みできれば、どなたでも大丈夫です。

練習する本人が、仮免許証や免許を持っていなくても、本当の一発免許のコースで運転練習が出来きます。
ただし、助手席に免許を3年以上持った方が同乗する必要があります。

ペーパードライバーでも安心して練習できる

一発免許の受験者の方も、コース解放を利用して、試験で走る実際のコースを練習する事が出来ます。
また、免許失効や、ペーパードライバーで運転に自信がない方なども、練習目的に使用する事が出来ます。

弊社は、このコース開放を利用して教習をさせて頂いております。
補助ブレーキ付きの教習車で安全に練習が出来ます。ご安心ください。

自宅の車でも、教習車でも練習できる

個人で練習をする場合は、レンタカーやご自宅の車でも、練習が可能です。
ただし、コース内は、様々な運転レベルの方が練習しています。

特に運転に自信がない人はベテランの人に付き添いをお願いするようにしましょう。

また、鮫洲試験場では、現地での車の貸し出しはありません。
個人で練習される場合は、あらかじめ車(普通車のみ)を用意する必要があります。

コース開放の時間

鮫洲運転免許試験場の運転コース開放時間割

1時限目
9:45~10:45

2時限目
11:15~12:15

3時限目
13:30~14:30

※ 4時限目も存在しますが、バイク(2輪車)専用の練習時間となります。
普通車での練習はできません。

予約が必要

利用は、予約が必要です。
月曜から金曜の9:00 から 17:00まで、予約は、電話のみ可能です。

1ヶ月先まで予約は取ることが可能です。

例えば、1ヶ月先の予約であれば、希望の日時の時限が取れます。
ただし、1週間程度先の予約は、既に満員となるケースが多です。

一発免許の練習の目的などで、確実に予約を確保したい場合、3週間以上前から電話をしましょう。

尚、この予約は1日あたり、1人1時限しか取れません。
実際の一発免許の試験のルートは、鮫洲試験場の場合、3つあります。

1つのルートで約15分から20分程度走行します。
1時間の練習でも、ぎりぎり全ての一発免許試験コースを練習できますが、なるべく確実に合格をされたい方は、2日~3日通って練習をしましょう。

コース開放日の当日の流れ

集合場所へは試験場正門の西側にある、試験車両様の出入り口から入ります。

初めてでも、集合時間になると、係の方が通り沿いに立ってるのがすぐにわかります。
また集合場所付近は、届出教習所など一発試験の教習業者の車が道路に沿って待機しています。

実際に練習を始める前に、申込書の記入や、保険加入手続き、施設使用料金の支払い等があります。
予約の段階でも事前アナウンスはありますが、集合は、開始時刻の30分前です。

なお、練習される方の到着が遅れ、受付開始から約10分以上経すると、受付を拒否され練習をさせてもらえない事があります。注意しましょう。

鮫洲試験場は、普通車はコースが2階にあります。
2階のコースの実際の試験の発着点と同じ場所に車を停車します。

そのまま、コースと施設をつなぐ階段をおりて、受付がある本館の技能待合室に向かいます。
技能待合室の係の方に名前を告げて、受付をしましょう。

当日の持ち物:身分証証(保険証などでも可)、ハンコ(認印)、筆記用具、コース代(現金 2,200円)
身分証は写真付きでなくとも良いです。受付の際に、提示を求められます。

練習のための申請用紙の記入等を済ませると、コース開放の利用上の注意事項が係りの方よりあります。
説明が終わった所で、練習開始となります。

書類の不備などがなければ、練習の開始予定時刻よりも5分程度早く開始をしてもられます。
お手洗いなどは、施設内にあります。より多く練習時間が確保できるように、なるべく早めに済ませておきます。

傷害保険加保険もある

練習中のもしもの事故に備え、当日限り有効の対人保険に加入します。
施設で練習している車のほとんどが、ゆっくり走行しています。

弊社では、過去無事故ですが、念のために加入をして頂いております。
この保険代は、200円です。