早朝教習

TEL:0120-499-106

年中無休教習時間 6:00am~22:00pm
電話受付9:00am~18:00pm

徐行と一時停止

徐行とは、10km/h以下

徐行とは、10km/h以下又は、すぐに止まることができるスピードで走行することです。

徐行をする箇所は、優先順位が低い交差点を直進する場合、坂道の頂上と、その下り坂(急勾配のくだり坂)、交差点で右折や左折です。

一発試験では、必ずしも10km/h以下でなくとも良いという意味ですが、鮫洲試験場の仮免技能コースは、コースのサイズが狭いため10km/hを著しく超えて走行できません。概ね10km/hを超えない範囲のスピードにしましょう。

一時停止は、停止線からの2m以内で完全に停止

検定車のバンパーが停止線からの2m以内で完全に停止することです。
なお、前方に別の車両がいて、停止線から2m以上離れて停止した場合は、再度停止線の直前で一時停止を行なってください。

交差点で一時停止をした場合は、必ず、左右を見て安全を確認してから走行してください。

左右の確認は、左からでも、右からでも、どちらから初めても問題ありません。

停止線の手前で車を停止させた後、3秒間停止状態を保ちます。
そのまま発進してしまった場合、一時停止とみなされない場合があるので注意しましょう。

鮫洲試験場のコースでは、一時停止箇所は、標識のある場所と、赤点滅の信号機です。

メリハリ加速は、横断歩道通過後

交差点に入る前からしっかりと速度を落とし、左右の車の流れが把握できるような速度まで落としていることをアピールしましょう。

そして、横断歩道を人が渡っている可能性もあるため、横断歩道の手前からしっかりとアクセルを踏み込むような加速はできません。

メリハリのある加速は、横断歩道通過後から始めるようにしましょう。