早朝教習

TEL:0120-499-106

年中無休教習時間 6:00am~22:00pm
電話受付9:00am~18:00pm

正しい安全確認

左右の確認

交差点、横断歩道の直前が確認ポイントです。
車や歩行者が横切る可能性がある箇所を確認しましょう。

交差点や横断歩道に信号が設置してある場合は、先頭で通過する車が安全確認をしなければなりません。

ただし、同じ場所で何回も安全確認を繰り返す行為、見通しがよい直線道路で左右確認は行わないでください。
一発免許の試験では、過度の確認は、前方不注意や、脇見運転などで減点になります。

ルームミラーの確認

追い越し、車線変更、右左折、発進と停車などの前に後続車の有無を確認します。

また、横断歩道や、信号でブレーキを使い減速をする際に、予めルームミラーで後方確認をします。
これは、後続車との安全な車間距離が取れていることを確認するためです。

後続車との安全な車間距離により、追突されない為のブレーキの踏み方を調整する必要があります。
ブレーキを踏んだり、車線を変更する前に、後方を確認しましょう。

車が左折した後に、巻き込み確認しても遅い

ハンドルを切る直前に確認してください。
ハンドルを切った後に確認しても、すり抜けをするバイクと接触する可能があります。

一発免許の試験では、必ず、巻込み確認してから、ハンドル操作を行う順番でしてください。
同様の理由から、同一車線内で追い越しをする場合も、事前に確認が必要です。

カーブ内で巻き込み確認は不要

道路のカーブに沿って走る場合、巻き込み確認はしません。
道がカーブしている角度と同じ角度で全ての車が曲がるのであれば、接触や、事故などの心配がありません。

道路が曲がっているから巻き込み確認をするのではなく、あくまで進路変更や右左折などで必要です。
一発免許の試験では、必要のない確認は、減点の対象となります。